So-net無料ブログ作成

ロンドンって本当に子育てしやすいの? [外国]

ロンドンって本当に子育てが楽?

娘が赤ちゃんの頃、

ロンドンに滞在しましたが、
小さい子連れには
冷たく住みにくい街だと感じました

はた.jpg

まずドア

自動ドアというものは
ほとんど存在しません。

イギリスのドアは
重厚でやたらと重い

そしてほぼ全部と言っていいほど
バネで自動的に閉まるようになってます。

重いドアを力いっぱい開けても
放すと「バタン!」と
音を立てて
閉まってしまうのです。

ドア.PNG


これが自分1人なら
さっと開けて
さっと入ればいいのですが、
ベビーカーを持ってる
母親はそうはいかない。

片手で重いドアを
必死で支えながら、
片手でベビーカーを
移動させる。

しかも・・!

イギリスの建物内って
やたらとドアが多いのです

なんで・・?

第一関門突破して
ホッとしてたら
また目の前に
重厚なドアが現れる!

思い出しただけで
疲れてきました(笑)

★そして次に階段

ホテル、アパート、郵便局
銀行、レストラン、店・・

ありとあらゆる建物の前に
5~6段の階段が
存在するのです

階段.PNG

しかも幅が小さいし
階段の一番上に
踊り場(スペース)なるものが
存在しない。

いきなり重厚なドアが
階段を上りきった所に
で~んとそびえ立ってるのです

場合によっては
ドアを開けると
すぐに下り階段があり
またすぐに上り階段がある。

そしてまたドアがある
このスペースって何?

必要なの・・?

ベビーカーを持ってると
どうなるかわかりますか?

ベビー.PNG

まず、ベビーカー(赤ちゃん乗ってます)
を運びながら
狭い階段を上ります


階段の一番上に
ベビーカー(赤ちゃんも乗ってます)を
置くスペースがないため
ベビーカーを階段上(斜め)に
おろします

そしてベビーカーが 落ちないように足で支え、
両手で重いドアを
力を振り絞って
開けます。


そしてドアが「バタン!」
とならないようにドアを
片手でささえたまま、
足と片手を使って
ベビーカーを中へ入れます

イギリス.PNG


これを建物内で
繰り返してると
腕や足が麻痺してきます。

スポンサーリンク







★イギリス人男性は親切で
荷物を持ってくれたり
助けてくれたりすると
聞いてました。

1イギリス.png

海外、特に欧米は子育てが楽と聞きました

日本での子育ては辛いと聞きました

ロンドンは街全体で

子育てを支援していると聞きました

でも実際には

ロンドンで
私が四苦八苦してる時、
一度も助けて
もらったことがありません。

ドアを持ってくれる人や
ベビーカーを
運んでくれる人なんて
いませんでした。

子供が泣いてる時、
「うるさい!」
と女性に怒鳴られました


「日本の子育ては海外より10倍辛い」

と海外ママが言ってるなどと
書かれてますが

私からすれば

「ロンドンの子育ては日本より10倍辛い」

です。

街が小さい子連れに
優しいとは思えないのです。

勿論、
日本の子育て環境が
ベストだとは思えないし
子連れに優しいとも
思いませんが・・

外出はロンドンより
ずっとずっと
楽に出来ると思います。


⇒外国にまつわること 目次Ⅰはこちらクリック


スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました