So-net無料ブログ作成
検索選択

ペルー 治安より騒音に悩まされました [外国]

ペルーに行った時、

周りの人から治安について
聞かれました。

強盗にあわなかったか、

スリにあわなかったか、

怖い目にあわなかったか、

などなど心配されました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■ペルーってどんな国?■

南米大陸の北西側に位置する
太平洋に面している国

Peru.PNG

面積:約129万㎢
(大体日本の3.4倍)

人口:約3,115万人

言語:スペイン語 ケチュア語など

首都:リマ

(人口の約3分の1がリマに住んでます)

日系人が多く、
日本とは歴史的にも経済的にも
強い結びつきのある国です

ラテンの人達は
底抜けに明るいイメージがありますが

ペルー人ははずかしがり屋で
静かな人が多いんですよね~

rima.PNG

大阪は「日本のラテン」
と言われてるのと反対で

ペルーは「南米の日本」
なのかもしれませんね(笑)

(※私が勝手に言ってるだけです)


●ナスカの地上絵

なすか.PNG

高原の地表面に描かれた
幾何学図形、動植物の絵。

●マチュピチュ

pachupichu.PNG

ペルー南部山地,
クスコ地方にある
空中都市


●チチカカ湖

titicaca.PNG

アンデス山中のペルー南部と
ボリビア西部にまたがる淡水湖。

などなど見所満載です

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

★首都リマは 
警備員だらけで
守られてるような感じで
全然怖くなかったです。

りま1.jpg

治安よりもっと悩まされたのは・・・

”音”なんです。

騒音にはとにかく悩まされました。

まず、道路では
車のクラクション、防犯ブザー等
ひっきりなしに鳴ってます。


★私が滞在した友人のマンションは
当然防音対策してるわけでなく、
ヒダのようになってる
(名称が分からない)窓ガラスで
隙間だらけ

外の音がそのまま入ってきます。

騒音.PNG


うるさい中、ペルー人の友人達は
気にする様子もなく、
最大音量でテレビを観てました。


夜中もクラクションや
ブザーの音で
眠れませんでした。

スポンサーリンク







大きなレストランへ行くと

真ん中にダンススペースがあります。

音楽が流れ出すと
踊りだす人が増えていき、

いつの間にやら
ひしめくように
みなさん踊ってらっしゃいました[るんるん]

ちなみに昼間です

音楽が大きいので
隣の人と話をするのも
耳元で大声で
話さないと聞こえない[耳]

リマ.jpg


★食事を済ませて外にでて
ほっとしたのも束の間、

タクシーに乗ったら、
これまた、運転手が
すごい音量で
キンキンした音楽を
かけてるのです[がく~(落胆した顔)]

ペルーで静かに
過ごせたのは、
高級ホテルに泊まった
夜だけでした。

こういう”音”に囲まれて
平気でいられるペルー人って
ある意味すごいですよね[exclamation]


★私が以前住んでた近隣に
南米人が沢山住んでました。

音楽はうるさいし、
パーティーをして
夜中まで騒いでるし・・

周りの人達は
ぶつぶつ文句を言ってました


郷に入れば
郷に従えだと思いますので
彼らが日本に住むなら
日本のしきたりに
従うべきだと思います。

音.jpg


ただ、彼らにとっては
大きな音は
日常的なものであり、

彼らが普通
と思ってるその音で
周りの日本人達に
迷惑をかけてるって
気が付いてないと思うんですね。

なので、いきなり
感情的に怒鳴ったり
攻撃的な言い方で
責めるのではなく、

少しずつ、柔らかく、根気強く
彼らに教えてあげて欲しいなって
思います

⇒外国にまつわること・目次はこちらクリック




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました