So-net無料ブログ作成

スペインで指圧教室に [外国]

昔、スペインのスペイン語学校に通ってました。


スペイン.jpg

スペイン語学校では
当然のことながら

先生以外は
スペイン人ではありません。

スペイン人の友達が欲しい、
でもどうやって・・?

と思っていたら
、「Escuela de 指圧」(指圧教室)

と書いた看板を見つけました。

指圧と日本語で
書いてあるということは

先生はある程度
日本語ができるのかな[exclamation&question]

指圧ならスペイン語力があまりなくても
見よう見まねで
できるかもしれない[ー(長音記号1)]

などと考え、さっそく三ヶ月コースに
申し込むことにしました。

マッサージ.gif

★残念ながら日本にも
中国にも行ったことがない先生で
日本語は全く話せませんでした。

大雑把なクラスで
先生がお手本で
見せてくれたことを

目で見て真似をするだけ

それを見て
先生は「Muy bien」(ムイ ビエン とても上手という意味)

と言って終わり。

え?アドバイスとか何もないの[exclamation&question]

という感じでした。

でもお国柄が出てて面白かったです[わーい(嬉しい顔)]

スポンサーリンク



二人組になって練習するのですが、
足を指圧・マッサージする時、

先生が

「足を赤ちゃんをあやすように揺らしましょう。

赤ちゃんですから、時にはbeso(ベソ、キスのこと)も必要ですよ」

というと生徒は本当にペアになった人の足を

揺らしながらbesoをしてるのです。

スペインでは挨拶で
頬にキスをします
正確に言うと
キスというより
頬と頬をくっつける
という感じなのですが・・

いずれにしても
スキンシップは
日本より圧倒的に多いです

本物の患者の足に
キスするかどうかは
知りませんが
したとしても
不思議ではありません。


★また、ツボの説明を書いた紙が
配られましたが、

Tsubos(ツボス)
と最後に「S」をつけて
複数形にしてました

先生の説明でも
「え~、ツボスは・・」
って真面目に
言ってるので
笑ってしまいました。

なぜ笑ってるのか
聞かれたので

「日本語は単数でも複数でもSはつけない」

という説明をしましたら、

「じゃあ、単数と複数を見分ける方法は?」

と聞かれました。

「1つのツボ、
2つのツボ、
3つのツボ・・で
単数か複数か
十分わかるでしょ?」

と言いましたが、
どうもピンと来てないようでした。

Sをつける習慣のある人達にとっては
何もつけないのは
不思議なのでしょうね






★指圧の勉強には
なりませんでしたが、

”スペイン”を知る楽しいクラスだったので
参加して良かったです[黒ハート]

⇒外国にまつわること・目次はこちらクリック





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました