So-net無料ブログ作成
検索選択

Yes とNo の使い方 [外国語]

否定疑問文に対する答え方は

「いいえ」の場合はYes、
はい」の場合はNo,になる,

と学校で散々教えられてきました。

yesno.jpg

★「これ、食べないの?」
という質問に 

「うん(Yes) 食べない」
という答え方に
慣れてる日本人にとっては、
切り替えるのは難しいですね。

日本語の場合、
「はい」というのは
「その通りです」

という意味で
質問の内容が正しいかどうかを
意味しています。

ところが、英語の場合、
食べるならYes, 
食べないならNo, です。


Yesのあとは必ず肯定文、

Noのあとは必ず否定文と
セットで覚えたものです。

A: おなかすいてない?
B: うん、すいてないよ。

そのまま英語に直すと
" Yes, I am not hungry".

でも本当は No, I am not hungry.

A:おなかすいてない?
B:いいえ、すいてる。

そのまま英語に直すと
"No, I am hungry"

でも本当は
Yes, I am hungry.

スポンサーリンク


イエスノー.jpg

★私が米国に住んで
ようやくこの答え方に
慣れてきた頃です。

ある一人のアメリカ人と
話をしていました。

You don't like ~, do you?

(あなた、これ好きじゃなんだよね?)

というようなことを
私が質問しましたら、

彼は”Yes"と答えました[目]

当然私は、
彼はそれが好きなのだと
解釈しましたら

実は彼は
それが嫌いだったんです。


私が「好きじゃないのに、
どうしてyesと言ったの?」

と聞きましたら、

「あなたの好きじゃないんだよね?
という推測が正しい、
という意味でYes,と言ったんだ。」

と言われました。

ということは、日本式の
考え方だということですよね[exclamation&question]

もちろん、彼は日本語は
全く知らない人なので、

私に合わせて
日本語的な答え方を
したわけではないんです。

あるふぁ.gif

私、とても混乱しました。

実際どうなんでしょう?
 
英語圏の人で
そういう答え方をする人も
多いのでしょうか?

せっかく慣れた感覚を
真っ向から否定されてしまった気分でした。





ただ・・・彼はYesだけしか
言わなかったんです。

「Yesのあとは、
必ず肯定文、

Noのあとは
必ず否定文とセット」

という法則があるから、

さすがにYes, I don't like it.
とは言えなかったんだと思います。

ドラマ逃げ恥第1話より英語を学びたい方はこちらクリック


⇒外国にまつわること・目次はこちらクリック





スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました