So-net無料ブログ作成

ジョニーデップ放送禁止用語 を・・英語の4文字言葉‏ [外国語]

11月14日に開催された第18回ハリウッド・フィルム・アワードの授賞式で、

プレゼンターを務めたジョニー・デップが、
放送禁止用語を発する
ハプニングがありました。

ジョニーはすぐに気づき
、「はっ」と口を手で覆いましたが、

その動画は出回っていますね[たらーっ(汗)]

内容は知られてませんが、
4文字言葉と言われてる
ものだと思います。

この4文字言葉はswear word
と呼ばれていて、

下品な言葉よりもっと
悪い卑語に近い言葉です。

アルファベット.jpg

★ただ、私が米国に住んでた時は、
ちょっとおどけた感じで

その4文字言葉を
使ったりしてる人は
少なくありませんでした。

私、米国に行く前に
いろいろな人から散々

「絶対使うな」

と聞かされてたのになんで?
みんな使ってるじゃん、

と思ったものです[目]

スポンサーリンク






おそらく、冗談で使うなら
「下品な人」だなあ
ぐらいの感覚でOKなのでしょうが、

公の場や、本気で喧嘩してる時等に
相手に使うと
凶器になりえるぐらいの
恐ろしい言葉と
化してしまうのだと思います。

あるふぁ.gif

でもたとえジョークでも
絶対口に出してはいけない、
と思ってる人もいることは確かです。


★私が中学生の頃の
カナダ人の英語の先生の話です。

彼の家に数人の友人と
遊びに行きました。

まだ中学一年生で
英語を習ったばかりだったので、

友人がとにかく英語を使いたくて先生に

「座ってください」(Sit down)と言ったつもりが
4文字言葉になってしまってたようでした。

(shitと発音していたようです)

先生は私たちが
英語初心者であることや

流れからすれば

「座ってください」

という意味で
言ったことぐらい
わかってるはずです。


ところがその先生は
すごく顔をしかめて、
台所にいる日本人の奥さんの所に行き、
なにやら説明してるのです。


その奥さんが私たちの所にやってきて

「あなたが言った言葉は座ってください
という意味ではないのよ。

非常に汚い言葉なのよ。
彼は説明するために

その言葉を発音するのでさえに嫌とのことで、
私に説明するようにって言われたの。

これからは発音に気をつけてね」

と言いました。

おだやかな先生の顔が
一瞬にして変わったこの4文字言葉。

すごく鮮明に覚えてます。


ジョニー・デップは
一体どんな言葉を
言ったのでしょうか・・

まあ、放送禁止用語を言った
ということですから、

当然、「~って言ったんですよ」
って放送するわけには
行かないですよね。(笑)



⇒外国にまつわること・目次はこちらクリック






スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました