So-net無料ブログ作成
検索選択

タンザニア観光で出会った警官 [外国]

★タンザニアってどんな国?

tanzania.PNG

タンザニアはアフリカ大陸の
中央東部の国
ケニアの南にあります

キリマンジャロ山や
コーヒーなどが有名ですね

キリマンジャロは4895mの高さで
ケニアのアンボセリからも見えます

タンザニア.png


ツアーのパンフレットに
「ケニア・アンボセリよりキリマンジャロを・・」
などと書いてあるので
ケニアの山だと勘違いされる人も
いるのですが、
ほんとはタンザニアの山なんですよね~

キリマンジャロ.PNG

ヌーの大移動も
聞いたことある方も多いと思います

nu-.PNG

★ケニアのマサイマラ国立保護区から
タンザニアのセレンゲティ国立公園へ
マラ川を渡って大移動をするのです

私はこの大移動は
見たことありませんが
サファリに行った時、
ヌーだらけの光景は見ました。

最初は「ヌーだ!」って
興奮しましたけど、
2~3日するとあまりにも多すぎて
ヌーなんてどうでもよくなります(笑)

んごろ.PNG

公用語は英語とスワヒリ語です

スワヒリ語で誰もが知ってる単語は
「サファリ」でしょう。
あと、ポレポレ(ゆっくり)
というのも聞いたことあるのではないでしょうか?

それと映画「ライオンキング」を
出てくる、「ハクナ・マタタ」(大丈夫)
というのもスワヒリ語です

主人公(主人ライオン?)の
シンバの意味はライオン。
そのままやん![わーい(嬉しい顔)]


ティンガティンガ.png

タンザニアに行った時の話をします

ダルエスサラーム(昔の首都)で、
ある場所に行こうとして
道に迷ってしまい、
たまたま近くにいた警官に
道を尋ねました。

すると彼は「私が案内しよう。ついてきなさい」
と言って、さっさと歩き始めたのです。

暑い中ひたすら彼について歩くこと、一時間強[がく~(落胆した顔)]

とにかく兵隊のように姿勢よく前を見て
ザクッザクッという感じで
大股で歩くので

話せる雰囲気ではなく
私達は黙々と、
炎天下、まっすぐな道を歩き続けました。[晴れ]

その間、彼は一度だけ
私の方を振り向いて
「もう少しだ」
と言いました。

それが道中発した
唯一の言葉でした。

スポンサーリンク



これ、一体いつまで続くんだろうかと
不安になり始めた頃、
ようやく彼は立ち止まり、

初めて分かれ道が
出てきたところで
左の道の方にある建物を指差して

「あそこだ、じゃあ」

と言って、今来た道を
姿勢よく戻っていきました[ダッシュ(走り出すさま)]

後でわかったことですが、
その道にはバスもちゃんと通っていました[exclamation]

道案内もなにも、一つの道しかなく、
迷いようがないんですよね。

でもよくよく考えると、
私1人では危ないので
守るためについてきてくれたのかなあと
思います[黒ハート]

それならば、バスを
案内してくれたもよかったのに[たらーっ(汗)]

一時間強の炎天下の歩きは
さすがにきつかった・・

まあ、でもバスはいつでも乗れるので
こういう経験もありかなと[黒ハート]

今でもいい思い出として
残ってます[るんるん]

この話を思い出すと
ほのぼのとしたソフトな気持ちになれます[ぴかぴか(新しい)]

⇒外国にまつわること・目次はこちらクリック




スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました