So-net無料ブログ作成
検索選択

ペルー体験!鍵がじゃらじゃら [外国]

初めてペルーに行った時の話をします。

■ペルーってどんな国?■

南米大陸の北西側に位置する
太平洋に面している国

Peru.PNG

面積:約129万㎢
(大体日本の3.4倍)

人口:約3,115万人

言語:スペイン語 ケチュア語など

首都:リマ

(人口の約3分の1がリマに住んでます)

日系人が多く、
日本とは歴史的にも経済的にも
強い結びつきのある国です

ラテンの人達は
底抜けに明るいイメージがありますが

ペルー人ははずかしがり屋で
静かな人が多いんですよね~

rima.PNG

大阪は「日本のラテン」
と言われてるのと反対で

ペルーは「南米の日本」
なのかもしれませんね(笑)

(※私が勝手に言ってるだけです)


●ナスカの地上絵

なすか.PNG

高原の地表面に描かれた
幾何学図形、動植物の絵。

●マチュピチュ

pachupichu.PNG

ペルー南部山地,
クスコ地方にある
空中都市

マチュピチュを知らないと言ったら
ペルー人に生きる資格なしと
言われたことがあります(笑)

●チチカカ湖

titicaca.PNG

アンデス山中のペルー南部と
ボリビア西部にまたがる淡水湖。

などなど見所満載です

世界.jpg

ウィークリーマンションを
借りることになり、
そのマンションに行く時に
鍵の束を渡されました。[がく~(落胆した顔)]

なんでこんなにも沢山の鍵が
必要なんだろうと思ってましたら、
実際にマンションに行ってみると
その理由がわかったのです。

リマ.jpg

マンションはぐるりと
塀に囲まれており、
まずその
塀についているドアを鍵で開けます。

そして庭を通り、
マンションの入口のドアを鍵で開けます。

開けるとすぐ階段になっており、
二階まで登るとなんと踊り場に
ドアがあり、

鍵を開けないと続きの階段を登れないようになっています[がく~(落胆した顔)]

私達は四階でしたので
、三階でもドアを開けることに。

やっと自分の部屋までたどり着き
、ドアの鍵を開けるとまたドアが・・[exclamation]

なんと、二重ドアになってるのです。

そのドアを開けると
ようやく部屋に入れたのでした[手(チョキ)]


スポンサーリンク



ペルーの全てのマンションが
ここまで鍵が多いかどうかは
わかりません。

ウィークリーマンションですから
当然使用する人は
地元の人ではないでしょう。

慣れない土地に来たお客様に
安全に暮らしてほしいとの配慮なのかもしれませんね。

それだけ、ドロボーさんも多い国
ということなのかもしれません。

この鍵の管理はどうすればいいだろうかと
友人と悩みました。

束のままだと盗まれたら
部屋に入られてしまう可能性が高くなるし、

バラバラにして
あちこちに保管していて
一つでも紛失してしまったら
自分が部屋に
入ることもできないし・・・

結局二人で分けて責任を持って管理し、
行動は常に一緒に、
ということで落ち着きました。

必ず一緒に行動というのは
ちょっと面倒だったりもしましたが
今では楽しい思い出になってます[ハートたち(複数ハート)]

⇒外国にまつわること・目次はこちらクリック




スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました